青海神社(煙ノ宮)

 崇徳上皇が白峯山で荼毘し奉った時、その煙は都を慕われてか都の方になびき、山麓にこもったので、ここに宮を建てて上皇と母の建礼門院の霊を奉祀しました。この宮は別名「煙の宮」とも呼ばれています。


<<戻る 地図 進む>>

※地図が開けない方はこちらからどうぞ。

《あれこれ話》

地元の方の話:「こんまい頃はなぁ〜地獄谷言うて、子どもがおらんよぉ〜なるから絶対に行くな!って言われよったんぞ!」だそうです。※ここも植物がおかしい形になっています。


椿(つばき)ですがかなりねじれています。
最近は大分マシになったそうです。
まず、ココを通るとの事です。