松山の津

 この里は古くはその名のとおり入海で、国庁に通じる要所であり万葉集に記されている「讃岐国、阿益郡に幸の時軍王山を見て作歌」はこの地と考えられています。

 保元の乱に破れた崇徳上皇は讃岐の地に配流され、ここ松山の津に着いたとされています。


<<戻る 地図 進む>>

※地図が開けない方はこちらからどうぞ。