長命寺

 讃岐にお着きになった崇徳上皇が、はじめの3年間を過ごされた「雲井御所」は長命寺だったと言われ、南北約3km(現:綾川に架かる長命寺橋から雲井橋まで)の大きなお寺でした。

 しかし、戦乱の中焼失し現在は「崇徳上皇駐蹕長命寺跡」と刻まれた石碑が二本建っているだけです。まさか、ここに大きな寺があったとは、誰も想像できないでしょう。


<<戻る 地図 進む>>

※地図が開けない方はこちらからどうぞ。