綾川(あやがわ)

 崇徳上皇は短歌に秀でており数多くの歌集が残っています。百人一首の「瀬を早み岩にせかるる滝川のわれても末にあはむとぞ思ふ」は特に名高い歌です。

 上皇がこの地にご滞在中、綾川を鴨川と呼んでいたそうです。そして、現在「鴨川」という地名が残っており、また東山、西山といった京そっくりの地名も残っています。